ん?これって勝ち確状態やん。(酵素市場) – リアン株式会社
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. メルマガ関連
  5. ん?これって勝ち確状態やん。(酵素市場)

BLOG

ブログ

メルマガ関連

ん?これって勝ち確状態やん。(酵素市場)

【みどりの食料システム戦略】
ってご存知ですか?

最近、ちょこちょこ
耳にするようになってきましたが、
まだまだ浸透しておりません。

これが、浸透するほどに、
弊社は、酵素市場において

圧倒的に、
伸びます。



【みどりの食料システム戦略】
ってなんぞや?

簡単に言えば、


自分や、子供、孫たちにとって、
地域コミュニティにとって、
地球の環境にとって、
優しい食料システムを構築していくこと。

です。


これは、SDGsの思想に基づいた
様々な分野においての目標を設定した
戦略です。


・温室効果ガス削減
・環境保全
・食品産業
・林野、水産

主に上記のような項目の
目標があるのですが、


その中でも、
環境保全の中の目標に
驚くべき内容の記載があります。


【有機農業(オーガニック)】
2040 年までに、
主要な品目について農業者の多くが
取り組むことができるよう、
次世代有機農業に関する技術を確立する。

これにより、2050 年までに、
オーガニック市場を拡大しつつ、
耕地面積に占める有機農業の
取組面積の割合を 〈25%(100 万 ha)〉
に拡大することを目指す。



これ、、、
ほんまに言ってんの??笑


今の状況ご存知ですか?

今、有機農業の取り組み面積の割合は

0.25%。。

過去10年遡っても、
全然伸びてません。
ほぼ横ばいです。


10年間、全く伸びていない
有機農業を、
これから先、

30年かけて、
0.25%→20%??

100倍ですか・・・?笑


これ、、ほんまに
言うてんの?

ほんまに思てんの?笑


もし、ほんまに目指すん
やとしたら、
これ、、、
すごいことです。


でも、これ、本当に目指すんでしょうね。

誰が言ってるか?

【農林水産省】
が言ってるので、、


国家単位で取り組むことに
なるんでしょうな。

ちなみに、2050年までに、
化学農薬使用量は
50%低減を目指すそうです。


農薬が売れなくなっちゃったら、
JAどうすんの?

農薬の製造、販売に関わっている
モンサント社、
住友科学社

どうなるの?


農業や環境に
おいて、
これから30年は
大きく変わることを
【みどりの食料システム戦略】
で打ち出しているわけです。


どこまで本気で
取り組むのかは
存じ上げないのですが、


これが広まるほどに、
有機農業(オーガニック)の
市場規模が拡大する。


健康食品業界においても、
商品の選定の基準として、

オーガニック(有機栽培)であること。


このことを消費者の方々が
意識し始めた途端、、、


酵素市場におきまして、、

有機(オーガニック)で
発酵エキスを作っているのは、
比叡山の発酵エキス工場のみです。


と、、言うことは、、、
まぁ、、

そう言うことです。笑


以前、教えてもらいました。

努力して、頑張って、
市場を作るのではなく、

拡大する市場を見極めて、
そこの市場に行く、そして
その市場でやり続ける。

これが鉄則。


上げ潮に乗ることで、
市場規模が拡大する。

つまり、時流を読むことが大事。

ガムシャラな努力よりも
正しい選択を。



酵素市場で、
オーガニックといえば、、、


もう、、、
言わずもがなですね。笑

ありがとうございます。

2050年までの成長が
約束されました^^

だから私も、
もっと頑張ります^^

業界激震の
オーガニックエンザイムサプリメント

https://b-ternal.jp/products/supplement/

※参照
【みどりの食料システム戦略】

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事