今、目が合いましたよね? これも何かの縁です。笑 – リアン株式会社
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. メルマガ関連
  5. 今、目が合いましたよね? これも何かの縁です。笑

BLOG

ブログ

メルマガ関連

今、目が合いましたよね? これも何かの縁です。笑

2/8,9と、健康博覧会にて
ブースに立ち、沢山の方々が、
目の前を通り過ぎて行きます。


ちょっと、振り返って
イメージして欲しいんです。


展示会会場のようなところで、
一件、一件、
真剣に話を聞きますか?


恐らく、そんな方はおられないと思うんです。

というか実際に、

そういった方は見たことありません。


ほとんどの方が、

・ブースの装飾の文言を見て
立ち止まったり、

・スタッフからのお声がけによって
立ち止まったり、


するわけですね。


つまり、その人が
求めていることと、

ブースで提供している商品、
サービスが合致していないと


立ち止まられないのです。


その瞬間、
秒単位で、相手の
求めていること
つまり
ホットボタンに
アクセスできなければ、

見ていただくこと、
知っていただくことは
無いのです。

これは、WEBサイトや、
あらゆる媒体への掲載などに
おいても一緒だと思います。




では、そのホットボタンは
どこにあるのか?


それは、千差万別です。


あるひとは、

「酵素ドリンクです!
試飲いかがですか?」


で、立ち止まったり、

ある人は、


「発酵ドリンクです。」
で、立ち止まったり、



私、実は、この作業
結構プロです。笑


私の声かけフレーズの一例。


「人生を変える
ファスティングについて
興味ありますか?」

→いや、、いや、、
怪しいわ!!笑

「発酵の未来について、
私と一緒に考えてみませんか?」

→お前誰やねん!!笑

「あ。。。ちょっとごめんなさい。
今、目が合いましたよね?
これも何かの縁です」

→ もう、それは、
もはや詐欺の手口でしょ?笑






いかがですか?
私のお声がけ台詞、
絶対止まらへんでしょ。笑


あ、、いや、
ごめんなさい。

このメルマガを読んでいる
あなたは、
止まっちゃう人かも
しれないですね。笑


お気づきいただけましたかね?
大事なことは、

誰を見込み客にしてるか?
なんですよね。


b-ternalシリーズは
誰に扱ってもらいたいのか?

私は、どんな人と
お付き合いしたいかの?


です。


私は、圧倒的な数にフラれます。笑
でも、それは、
本質追求型の方と出会うために
必要な断りなのです。


でも、ほんのわずかしかいない
本質追求型の
少数派の方と出会うために
必要なことです。


私がお付き合いしたいお客様は
本質追求型の
良い意味で尖り切ってる人です。笑


本質追求型の方々は、
展示会にも慣れてます。


つまり、一筋縄ではいかない人です。笑


そんな方に、
ストレートにまっすぐ行っても、
基本響きません。笑


変化球投げまくるわけです。

たまに、魔球も必要、。笑



私は、絶対にこの人は
お客様になりうる人だ!っと
確信した時には、


圧倒的に立ち止まっていただける
確率は高いです。



イメージして欲しいんですけど、
多分、上のような
キーワードって、

展示会中の呼び込みで
言われた事ないんです。

だって、そうでしょ?笑


展示会を見て回って
歩いていたら、

急に、

展示会には絶対に
いてない風貌。


作務衣で坊主、、

その男が急に近寄ってきて、

「発酵の未来について、
私と一緒に考えてみませんか?」

→イヤイヤ!!笑
お前誰やねん!!笑


普通は、絶対に
ドン引きで、
早足で立ち去りますよ。笑


でも、
もう一回言いますね。


私が出会いたいお客様は
こんな感じでいった方が、
絶対に立ち止まってもらえるんです。笑




他社とは
全く違う戦法で、
見込みとなる
お客様を探す。



あなたが
お客様にしたい方って
どんな方ですか?


その方が響くキーワードって
どんな言葉ですか?



あなたのビジネスにおいて

対象となる顧客像を明確にして、

その方が何を求めているのか?
イメージしてみませんか?


本日が、健康博覧会
最終日、


東京は、大雪が予想されます。
来場者数も
確実に減るでしょうが、、、


こんな時にこそ、
わざわざ、ご来場される方々は

間違いなく、


本質追求型です。笑


今日は、最高の1日になります。

あなたにとっても
最高の1日になりますように^^


では!!

========

健康博覧会 南展示棟
会期:2/8(火)~10(木)
時間:10:00-17:00
コマ位置:1K-01
詳細:https://www.this.ne.jp/

========

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事