興味あったら連絡下さい。が日本を滅ぼす。 – リアン株式会社
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. メルマガ関連
  5. 興味あったら連絡下さい。が日本を滅ぼす。

BLOG

ブログ

メルマガ関連

興味あったら連絡下さい。が日本を滅ぼす。

先日、すごい商品を紹介してもらいました。

私にとって、その商品は、
もしかしたら、何千万円、何億円と
価値があったかもしれません。


でも、私はその商品を購入することは
できませんでした。


チャンスに
恵まれませんでした。


なぜか???


その商品の最終の
ご提案を頂けなかったから。



要するに、

クロージングがなかった訳です。


きちっとした形で、
オファーを頂けなかったのです。


こういった事って、結構ありませんかね?



紹介する側は、
最初、私に、

セールスマン「すごい商品がある。」

っと伝えてこられました。

私は、これも勉強かな?と思い、
その商品の説明を受けてました。


それなりに良いんだろうな。という気持ちにも
なっていました。


値段もおおよそのイメージ金額は
聞いてました。

私のマインドは、

時「(せっかく紹介してもらってるんだから、
まぁ、購入してみても良いんじゃないか?)」

このようになってました。


なので、、、
任せたかった。


最後の一言だけを、
言って欲しかった訳です。


私は、待っていたのに、、

あなたからの

その一言、、、




セールスマン「あなたを幸せにします。
結婚してください。」

の一言です。笑

私は、それだけ言ってくれたら、

結婚したのに。。。笑


それで、うやむやなまま、
モジモジして、



最後に言われた言葉が、

結婚してください。

ではなくて、


セールスマン「また、興味あったら教えてください。」



時「・・・(泣)」


お、、、おい!!結婚してくれ!!って言ってくれ。。。


なんやねん、これ、、、笑


これってせこくないですか???笑

散々、、
「良いよ!!良いよ!!」って言っておいて、、


自分は責任取りたくないから、
断られて傷つきたくないから、


セールスマン「(お前から言ってこいよ。)」


こんなんあかんて、、笑



伝える側には、
導く必要があったと思うんです。


導くことこそ【愛】って、


なぜならば、


伝える側(セールスマン)には、

見込み客(時)に伝える時間を割かせた
責任がある訳です。


情報を受け取る側(時)は最初は興味なかった。


しかし、導く側の興味づけによって、
徐々に興味は湧いた。

で、色々な質問もした。



時「あなたって、家事は得意なの?」
時「あなたって、子供は好きなの?」
時「あなたって、どんな家庭で育ったの?」



この時点で、時間は45分は経過しています。


私は、そこで、その商品を
購入しなかったということは、
この45分の時間

二人が生み出した価値は、


0です。

二人が45分話し合って、

生み出した価値は

¥0です。

これ、、、どうでしょうか?

しかし、もしそこで購入が行われていれば、

セールスマンが手にする金額は、
¥11,000

時が支払う金額は、
¥11,000

つまり、
社会に対して、

¥22,000の価値を生み出した訳です。


これ、誰にとっての損失かといえば、、


日本経済の損失な訳です。



伝えるなら、
伝える責任があって、

その責任を全うしなければならない。

だから、
伝える側は、
しっかりと相手のメリットを吟味して、
相手が決断をしたくなるようにしなきゃいけない・。


適当な相手には、
セールスしてはいけない。

この人だったら、
売りつけれるのではないか?

と搾取マインドではなくて、、

この人だったら、
効果的に使ってもらえるのではないか?

という方に、
価値を伝えなきゃならない。



セールスとは何か?

相手が、ワクワクして、
気持ちよく判断できるように
導いてあげる手段です。


私が、22歳の頃、

本気で、営業で成果を出したい!
と思っていた時に出会った言葉を紹介します。


「営業マンはお願いするな。」


お願い行為は、
for meな思考がそうさせているから。


貢献マインドであれば、
お願い行為は絶対にしない。


目の前の方に

貢献する。と決めて、


日本経済を活性するべく、
本日も頑張りましょう!!^^


皆さんが、いま

一番気になってることはなんですか?


私にはわかります。



「結局、、、なんのセールスやねん!!?」


・・・





秋の新作の作務衣です。


あぁ、、、欲しかったなぁ。。作務衣。。


では、良い一日を。。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事